blog趣味

月間MVP 3.4月

自分はプロ野球ファンです。タイトルホルダーもですが、やっぱり毎月興味はあります。

主に『ええ球投げるな~』とか『あの守備うま!!』、『あ、(ホームラン)行った』とか主観的なテレビ観賞と、個人も含めた成績表チェック、現地での応援を主に楽しんでいます。

セリーグはG坂本選手とG山口投手、パリーグはF有原投手、L山川選手でした。この1ヵ月1番ニュースを騒がせたのは坂本選手ですね~連続安打が続いているようです。腰痛持ちだそうなので無理しない程度に頑張ってほしいです、ショートやし守備負担も多いでしょうから。で、在原投手、0点台の防御率で、いくつかロッテからも勝ち星を献上させてもらいました。GWのロッテ戦はテレビで見ていましたが、勝ったというより調子が悪すぎて勝手に負けてくれたような試合でしたし(2アウト満塁から、同点、勝ち越し暴投)、去年も含めロッテファンとしては、まず負けを覚悟する先発投手です。今回選ぶのは、この2選手に関してはライバルはいなかったんではないでしょうか?

一方、あとの2選手も文句ののない成績を残しています。ただ、あえて言うならMレアード選手にあげてほしかった。成績で見たら確かに山川選手のと大きく変わらないつもりなんですが、山川選手は、いつでもタイトル取れるじゃないですか、去年のホームラン王やし・・・レアード選手は去年打率2割そこそこで戦力外ですよ。それが3割2-3分。例年の成績だとこれ以上が望めない気がしませんか?ま、ファンの色眼鏡ですが・・・(笑)。あとは、Ys五十嵐投手。ソフトバンクから昨年戦力外、古巣に拾われた形ですが、5勝(0敗)で最多勝、防御率1点台、これだけだったら文句なしと思うんですよね、中継ぎ選手が取れることってあまり記憶にないですし。もちろん先発で4戦4勝も十分資格ありだとは思いますが、中継ぎ選手なのでイニング数は少ないですが、登板数は圧倒的ですよ?なんか中継ぎの扱いが雑な気もします。

タイトルホルダーがその年のいい選手であれば、月間MVPは瞬間最大風速的なタイトルと思っています。日陰者を探すのが個人成績を見る人間の楽しみなだけに(知る人ぞ知る的な)、後者の2選手の票の割れ方は僅差であってほしい、そう思った今回の月間MVP発表でした。

中川和也 拝